アラサーサラリーマンのDiary

アラサーサラリーマンが記事を書いています。自分の興味あることをあげているので、見ていただけると幸いです。https://www.instagram.com/itemist_diary/

Logicool M575を購入して2ヶ月間使用したメリットとデメリット


f:id:nina278927:20240401235228j:image

みなさんはトラックボールを使ったことはあるでしょうか?

私は以前まで普通のマウスを使っていたのですが、先輩や後輩にトラックボールの良さを語られ、2ヶ月前に初めてトラックボール『M575』を購入しました。

今回は、M575を2ヶ月間使ってみて感じたM575のメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

『M575』の特徴

 

 

M575のメリット

見た目がかっこいい

トラックボールって見た目がかっこいいですよね。仕事ができなくてもできる感を出すことが可能ですし、話の話題にもなります。(買ってから毎週のようにトラックボールの会話をしていました)

色は黒と白があり、どちらともシンプルでかっこいいデザインになっています。私は白だと手汗ですぐ汚れてしまうので黒を購入しました。

 

安価で使いやすい

トラックボールを購入する前に電気屋さんに行ってみて、他の商品と比較してみたのですが、持ちやすさやトラックボールの動かしやすさ、安定感など同じぐらいの値段の他の商品より優れていると感じました。

それでありながら、Amazonの価格だと6000~7000円ぐらいと安めの値段になっています(4/1時点だと新生活セールで6305円でした)。

上位機種にERGO MXがありますが、1万円以上と高めになっているため、私自身はこちらで十分かなと思いました。(横スクロールとかが必要だとERGOの方がいいかもです)

特にトラックボール初心者だとマウスに1万円以上は高すぎますよね💦

 

狭い場所で使える

M575のメリットというよりトラックボール自体のメリットになりますが、狭い場所で使えるのが本当に役立ちます。カフェなどで使用する時にもマウスを動かさずにトラックボールを動かすだけでいいのでとても楽で働く場所を選びません。

私自身の感想ですが、M575は普通のマウスと比べると大きめで手にフィットしてくれます。なのでマウスを持っている感覚がとても気持ちいいのも特徴です。(個人差はあると思いますが...)

 

M575のデメリット

カスタマイズしにくい

上位機種のMX ERGOなどと比較すると割り当てられるボタンの数が少ないです。私はボタンをあまり使わないので気にしていませんでしたが、自分好みにカスタマイズしたい方には少し物足りなさを感じさせるかもしれません。

細かい操作が難しい

トラックボールでの細かい操作は慣れが必要です。私も最初は苦戦しました。

慣れるとある程度の操作は簡単にできるようになりますが、トラックボールの動きが悪いと、閉じるボタンを押すなどの細かい動きが難しくなることがあります。そのため。定期的に掃除をして動きをよくしておく必要があります。

私もオンライン会議の時にミュートになっていて、急に話を振られてミュートの解除に苦労したことがあります💦(ショートカットを覚えたり、マウスの動く速度を遅くしたりして対応しています。)

 

定期的なメンテナンスが必要


f:id:nina278927:20240401235246j:image

トラックボールは、ボールと支持球部分が非常に汚れやすくなっています。ボールを取り出して手垢やホコリを清掃する必要があります。普通のマウスでは清掃を頻繁に行うことはないですが、トラックボールだとそこがデメリットになってくるかなと思います。

ただ、ボール自体は指で押すだけで簡単に取り外しができるので、そこまで苦にはならないと思います。

 

最後に

以上が『M575』の使ってみて感じたメリットとデメリットかなと思います。

私は過去の記事で紹介したことのあるLogicoolのG304をずっと使用していたのですが、トラックボールも使ってみたいなという出来心から購入しました笑

https://blog.hatena.ne.jp/nina278927/sensaisanhaiya.hatenablog.com/edit?entry=4207112889981851722

PCの周辺機器でとても人気のあるLogicoolの商品で、価格が安価で使いやすい商品となっていました。もしトラックボール初心者の方や他のトラックボールから買い替えを検討しているのであれば、ご購入を検討してみてはいかがでしょうか?